第三十回 じいさんの幻の作品『ホドロフスキーの虹泥棒』について(前篇)

虹泥棒さむね.jpg
【内容】
エルトポ、サンタサングレ、ホーリーマウンテン…。作品の中に自らの宗教、哲学、記憶を詰め込む監督アレハンドロ・ホドロフスキー。彼の作品の中で長年日本公開されずにいた作品『ホドロフスキーの虹泥棒』についてしゃべります。抑えられてるからこそ感じるホドロフスキーらしさ、地下と地上・精神と金、洪水はノアの方舟?、サーカスの住人たち、蒼井優とおはスタ(『虹泥棒』に蒼井優は出てきません)、など。
メンバー
刈田、高田、西さん(ゼブラクラブ)、山田

この記事へのコメント