番外編 追悼・松山善三。映画『典子は、今』を観る意味

典子は、今サムネ.jpg
【内容】
2016年8月27日、91歳で亡くなられた映画監督、脚本家・松山善三。彼の監督作『典子は、今』を、大学の卒業論文で扱った山田が、自身の障害についても若干絡めつつ、作品について喋っています。『典子は、今』は障がい者ポルノでありアクション映画である!?、他人の身体を見たい欲望について、障がい者ポルノの先にあるもの、映画『典子は、今』を観る意味とは?、など。

メンバー
山田

この記事へのコメント